塵芥の風積地:Lose「ものべの」レビュー

日記書いたりPCゲームのレビュー書いたり。行く先は風の向くまま気の向くまま。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ものべの - 夏葉

ADVではなくシネマティックノベルです。

Lose第2作、ボリュームとかメインヒロインなど話題を呼んだ
シネマティックノベル「ものべの」のレビューです。

体験版の感想はこちら。体験版1 体験版2 体験版3

ネタバレ注意。

総合シナ 
 リオ
キャラムービー音楽演出シス 
 テム
65667667667


プレイ時間はたぶん総計8時間くらい。
共通 1:30
ありす 2:00
すみ 1:30
夏葉 3:00
フルプライス作品にしてはかなり短いでしょうか


インストール容量は4.17GB。
重いです。予約特典パッチや修正あてると4.62GBに。
今まで引っくるめてもプレイ時間当たりの容量がかなり高そう。


修正パッチが出ています。
多分重大とまで行きませんがあてないとキャラが
台詞とちったりするのであてておいた方が無難。


ルート制限は夏葉のみ。他2人クリアすると
エピローグ後に続けて開始されます。
推奨攻略順はなし。二択ですしお好きな順で問題ないかと。


■分野別評価

・シナリオ 6
6年ぶりに帰って来た陸の孤島で起こる怪現象のお話。
どちらかというとヒロインを引き立てることより
物語として描くことを意識しているような印象でした。
でした、が、ヒロイン犠牲にした割には設定に雑さが
見られたり、ちょっとした行動の違いが後に響いてくるのに
選択肢が出て来ない=どうしてそうなったか分からない、
な状況があったりと多少詰めが甘いところが見受けられますね。

しかしお話としての締めやテーマ性などはやや強引ですがちゃんと
しているので一連をざっと流して足りないところは脳内補完する、
と言うシネマティックな楽しみ方を行う分には良いのかも知れません。
テキストベースでのボリュームが少ないのもその辺りあったりしないでしょうか。


・キャラクター 6
ヒロインは3人で、誰もが主人公より外見または精神が、もしくは
両方が幼いという、寧ろ通常より年喰ってる主人公と言った方が良い
ような布陣です。特に正ヒロインの夏葉さんはかなり危険球。

基本的に全員最初から好感度MAXですが主人公が気付いてないという
あまりにもお約束。自分からはときどき意識したりするのに
中々読めない主人公です。
そして早々夏葉の異常が始まってしまうが故にかかりっきりになって
ヒロインの魅力出せるようなエピソードというものが中々なかった
のが難しいですね。


お気に入りキャラは飛車角。
上のようなヒロイン苦戦中にも関わらず、普段は場を和ませ
有事には主人公を護り諭してくれるいぶし銀。アニキ格好良いッス。


・絵 7
ギャラリーに登録される絵が201枚。内SD絵やカットイン用など小さめが40枚ほど。
予約特典パッチで追加されるのが29枚。
どう見ても圧倒的ボリュームです。
ただ差分判定がゆるめで頭の位置が変わっただけでも
別CG扱いになっているため若干多く数えられてる感はあります。

ただ、多いのは事実。
この物量をあのテキスト量に落とし込むとどうなるかというと、
何でも無いただの移動シーンにすらイベント絵振られたりする訳です。


立ち絵。
実は全員1ポーズしかなかったりする。
のですが、上に書いたようにイベント絵が多いので
キャラに動きがないと思うことはあまり気にならないとは思います。


背景。
全部で38枚程。多分多めの範疇。
基本大自然ですし背景さんもグラフィッカさんもお疲れ様です。


・ムービー 6
OPムービー1つ。わざわざ鑑賞モードにムービー鑑賞って
枠あるのに登録されるのはこれ1つのみ。
スクリプトでも各EDスタッフロール乗せとけば良いのに、と余談。

ムービーとしては近年稀に見るCG紹介一辺倒。
でも佐藤ひろ美さんの歌と妙にマッチしていたり
この先の暗示めいたものもあって含蓄ありそうですよね。


・音楽 6
鑑賞モードに登録されるのは92曲。
……何故サントラ収録ver. もあるのです?
それを除くと61曲。それでもかなり多いのは
同じ曲でver.1 ver.2 とかあるため。

サントラで言う1枚目には和楽器が多く使われた楽曲達。
2枚目には割と一般風な楽曲達が収録です。
正直和風曲達は区別付けられる自信がありませぬ。
普通の曲達に関してもあまり印象に残っているとは言えず。
なんというか数が多すぎて印象づけに支障を来したような感じ。


・歌 7
主題歌、2nd主題歌に夏葉OP、各ヒロインED曲で全6曲。
こちらも大ボリューム。

グランドルートの夏葉OPがあるなら2nd主題歌はどこで流れるの?
と思われる方が居るかもしれませんが、主題歌とは主題=テーマ
を示す歌である故にどこが相応しいかというとOPと……。
まあでも1曲削っても問題なかったように思います。

すみED曲「千の古」の重苦しさが好きです。


・声 6 
杏子御津さんの演じ分けは非常に苦労されたことでしょうお疲れ様です。
ひめみやの凄みの出し方も中々だったのではないでしょうか。
尚武さんはちょっとクールすぎたかな。

主人公もボイス有りなのですが、途中日常パートなのに
ボイス入らなくなったところがあって、アレは何だったのかと
若干気になりました。


・演出 6
立ち絵やイベント絵の瞬き口パク、他アニメーション効果など
割と動く風には感じられます。

他にはカットインのような画面の一部分だけを
切り取って使う表現も多くあったように思います。

メインヒロイン以外とのシーンは本編中ではなく
ある程度進んだら解放され場面選択か回想で
実行という形になってます。立ち位置的には誰かの
ルート中想定だったりしますが、嫌なら無かったことでも可、
みたいな事が出来る配慮ですね。


・システム 7
体験版から大きく変化は無しですかね。

既読範囲ならどこでも飛べるチャプターシステムとか、
中々面白いと思います。終わりが見えるというデメリットが
あったりしますけど。

SAVEシステムは素晴らしいと思います。
セーブスロットの概念を薄めてあり、取り敢えずどこかにセーブして、
後からソート出来るとか画期的。
これの難点、と言うか報われない点はジャンプ可能チャプター制を
導入している所為でセーブ機能自体を使う機会が無いことでしょうか。


今のところ2度修正パッチ出したりしてますがまだ取り切れてないようで、
ギャラリーの特定のCG見られなかったりするんですよ何とかして下さい。


・総合 65、総括
と、そんなこんなで「ものべの」でした。
やはり話の軸が重いとキャラを可愛らしく描く
というのは難しいみたいですね。芯の強さとかは
逆に多少ハードル下がったりするみたいですけれど。
コメント
この記事へのコメント
このゲーム唐突にBGMとボイスが物凄くスローになることがあるんですよね。スペック足りてるハズなんですが・・・。
そうなるとすごいホラーっぽくなってビビる。
とりあえずプログラムを再起動しよう・・・って閉じるとブルースクリーンに移行、どうすりゃいいんだ・・・。
2012/05/14(月) 17:48 | URL |   #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
その症状はやってて起こらなかったです。
しかしブルースクリーン誘発するレベルとか致命的ですね。
私から言えることは、PCの型番や構成、発生した状況、シーンやエラーコード
などを添えて公式に相談するしかないかなと思います、という位ですね。
お役に立てず申し訳ありません。
2012/05/14(月) 22:20 | URL | ファシング #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://farsying.blog14.fc2.com/tb.php/1024-7dfbe1b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ADVではなくシネマティックノベルです。Lose第2作、ボリュームとかメインヒロインなど話題を呼んだシネマティックノベル「ものべの」のレビューです。体験版の感想はこちら。体験版1 体験版2 体験版3。ネタバレ注意。総合シナ  リオキャラ絵ムービー音楽歌声演出シ...
2012/05/13(日) 20:21:29 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。