塵芥の風積地:花色ヘプタグラム体験版

日記書いたりPCゲームのレビュー書いたり。行く先は風の向くまま気の向くまま。
花色ヘプタグラム 応援中!
主人公の突き抜けたポジティブさが美点。
期待値76




◆システム

解像度1280×720可変3段階
サイズ1.03GBセーブ数100+Q10+A10
確認メッセージ各種選択レジストリ
非アクティブ動作ログ一画面4台詞
ログ保持取得ジャンプ機能ログ+前選択肢
Qセーブありオートセーブあり
マスターVolありムービーVolなし
音量テストありボイス音量一括+個別
システムボイスなし独自カーソルなし
キー割り当て固定クリック割当二択
備考
エンジンはEthornell。
コンフィグはそれなりに設定可能なのですが、
ちょっち何がどこにあるか分かり辛い。

体験版のためかテキスト表示速度プレビューが
いい加減だったり設定変更時の確認メッセージが
ダイアログのチェックボックスからは効かなかったり。

BGM曲名表示機能有り。時間は設定出来ずちょっと
消えるの早いのが残念。
テキストの色設定は自由ではなく未読既読セットのパターン
7つから選ぶ方式。ヘプタグラムに掛かってるんですかね。

右クリック機能はウィンドウ消去かコンフィグ呼び出し。
スペースキーはウィンドウ消去かテキスト送り。
他のキーは固定。

確認ダイアログはセーブはセーブでも上書き、転写、削除と
それぞれにおいて設定可能。空きにする場合は確認無し。
対してロードは一括でONにするとQロードにも確認。

目玉機能っぽいのとしてオートロード。
セーブスロットの中からひとつ指定して今後の起動時に
タイトル画面通らずそのデータから始められるという機能。
オートセーブが終了時に入るので、コレと組み合わせると
捗りますよーというのが公式の説明でありました。
このオートロードは専用のショートカットを介して
起動することにより働くので、通常起動と使い分けることが
出来るあたり便利かも知れないですね。

そういえばムービーの音量調節が出来ない。完全に独立。
マスターボリューム切っても普通に流れます。


◆デザイン
七華というゲーム内で咲いてる花がモチーフ。
フェイスウィンドウはなくテキストは二行。
そのため見た目かなり細長い感じで長い文が来たときは
視線の動きが多めに必要。
その分普段立ち絵や背景に掛かる部分が減っているのがメリット。
カラーは基本赤で描写視点毎に変わるみたい。


◆テキスト

2時間ほど。ちょうど良い感じのテキスト速度に
出来なかったので多少長く出てはいそうです。

主人公が故郷に帰ってきて騒動に巻き込まれ……
というか突っ込むお話。

とにかく主人公の打たれ強さが光ります。
真乎の振る舞いが個性に留まっているのは彼のおかげ。
行動的で色々省みない点はある意味主人公らしいですね。
他の男は見せ場がなかったですけどアレらはそのまま
噛ませになってしまうのでしょうか。


◆その他

◆BGM
長閑なのですが無駄に格好良いの多め。
本当ここはサントラがFC会員+公式通販限定なのが惜しい。

◆立ち絵やイベント絵。
ヒロインは2ポーズ+腕差分。後は腕差分だけあったりなかったり。
距離は近中の2パターンで最大表示は3人。近距離は1人用。
表情は豊かというかあからさまにおかしいの混じっていたり。
夕焼けフィルターが若干濃いかも。
イベント絵は少なかったので割愛。

◆背景
町というか村というかそんなところを一帯。
でも商店街見てないような。

◆SE
決定時に鳴るのが桶の響くような音なのですが
状況により連続して鳴るとき何となく落ち着かない。
こういう余韻のある音は間が欲しい。

◆ボイス
真乎のやる気無い台詞の数々。

◆演出
強制オートは勘弁。そんなに重要な一瞬でしたか。
プレイ後の宣伝案内は毎度上手い手。

◆終わりに
故郷ぬくもりアドベンチャーなのにヒロインに昔なじみが
1人しかいないという。10年は長かった。
故郷のぬくもりではなく故郷でぬくもりを感じるアドベンチャー
かも知れませんが、人の思念とか突っ込んでいきそうな
気もしますし買えば割と得るもの有りそうかも。
また2人ほど脈なさ過ぎてルート展開が気になりますね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://farsying.blog14.fc2.com/tb.php/1181-1e069681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック