塵芥の風積地:「恋色マリアージュ」体験版

日記書いたりPCゲームのレビュー書いたり。行く先は風の向くまま気の向くまま。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ま~まれぇど新作第7弾『恋色マリアージュ』
ダークホース登場ですよ。
期待値73

製品版のレビューはこちら。ネタバレ注意





◆システム

解像度1280×720可変無段階
サイズ633MBセーブ数81+Q9+A9
確認メッセージ各種選択レジストリ不要
非アクティブ動作ログ一画面14行程
ログ保持取得ジャンプ機能なし
Qセーブありオートセーブあり
マスターVolありムービーVolBGMと同期
音量テストなしボイス音量個別
システムボイス立ち絵キャラ独自カーソルなし
キー割り当て固定クリック割当固定
備考
エンジンはCotophaScriptSystem。
コンフィグは5ページと多く見せかけておいて
実際設定箇所はそれほど多くありません。

スペースキーはウィンドウ消去かテキスト送りを設定可。
他のキーや右クリックなどは固定。

確認ダイアログはセーブでも上書きコピー移動に削除と
それぞれにおいて設定可能。勿論Qセーブも別判定。
空スロットにセーブするときは確認出せませんが、
間違えて作ってしまっても削除できるので不要でしょう。

特に珍しい機能は無し。ウィンドウが無段階変化できる
くらいでしょうか。コンフィグで原寸固定も可能。
ショートカットキーはFキーに搭載されているものの、
何故かQセーブロードがない。ウィンドウ消去、バックログ表示
と入れ替えて欲しいレベル。


◆デザイン
主張のないデザインで良く言えば無難、
悪く言えばチューニングしていない、
といった感じでしょうか。
テキストウィンドウには作品ロゴにも使われている
花弁があしらわれています。
フェイスウィンドウ、ネームタグによる区切りはなしの一体型。
テキストは右端まで表示と言う事は無く、右側にも
フェイスウィンドウ分程度の余裕を持って改行され、
また読みやすさに合わせてそれより手前で
改行されることもしばしば。良い気遣い。
また視点が変わると色が変わり視点者のネームまで入ります。


◆テキスト

1時間ほど。
急に親同士の都合で婚約者が出来たごたごたと
襲来する自称フィアンセの登場による引き。中々巧い。

取り敢えず主人公頭おかしい(褒め言葉)
普段はおちゃらけるというか助平なすごく残念な人ですが
旅館女将の孫としては信頼も置かれて極めて優秀だったり
やるときはやりますという言葉をそのまま表した風な二極性。
ので普段の性格を受け入れられるなら割と格好いいと思えるかも。
でもフヒヒ笑いはないな、うん。

ヒロインは4人目の登場が引きに使われたため3人しか
判断できませんでしたが、あまり見ないタイプを伴い新鮮。

美穂乃はWebのキャラ紹介詐欺で人見知り。多分それを克服してから
紹介のようにさらっと毒吐くキャラになってくれるでしょう。
嫌ってる状態なのに「旦那様」呼びは卑怯だと思います。

ねここはそのままアホの子。現段階ではどちらかというと
素直なだけとも取れます。主人公は胸の大きさが女の価値云々
と直接語っていたのですがあれは冗談なのかどうなのか。

ルリアは謎。妹キャラで自称フィアンセ。
キャラ紹介とか見るに本当だったら大問題。
久し振りの再会のようですしここは
子供の頃の口約束が妥当でしょうか。

久遠は超人枠。といっても何でも出来る訳ではなくて
何でも高いレベルで出来る程度でしょうか。美穂乃への愛が
大きすぎるため周りに比べ影の薄いところありますけれど、
年上なのにクラスメイトという状況が
何か生み出してくれれば面白くなりそう。


◆その他

◆BGM
空気というか若干古臭さまで感じさせる音色。
初代プレイステーション時代を彷彿と。
雰囲気作りに合っているかは難しいですね。

◆立ち絵
美穂乃とねねこは3ポーズ。ヒロインあと2人は2ポーズ確認。
サブ以下は腕差分だけあったりなかったり。
距離は近中の2パターンで最大表示は5人。
表情は豊かで漫画的デフォルメ表現も。美穂乃ジト目がグッド。
原画3人体制の違和感は特に気になるほどではないかと。

◆背景
旅館といいつつ西洋建築+露天風呂という和洋折衷。
従業員スペースは和風だったりといっそガラパゴス。
従業員はメイド服で女将さん只一人和服ですがその判断は正しい。

◆SE
いいえ選択時の音だけ若干浮いている気がしますが
基本的に自然な音。
演出ではSDイラストと共に使われることが多め。

◆ボイス
ねここさんのアホっぽさは声優さんのおかげ。

◆演出
タイトル画面のアレとしか言いようのないアレは素敵と思います。
全体的に遷移系がゆったりで所々もどかしさが出ます。
バックログとか。


◆終わりに
今月発売なんですよね。ここに来て対抗が出現。
私の場合奇しくも旅館が舞台に出てくる花色ヘプタグラム
との争いです。安定では角砂糖ですがブランド新規開拓
としてこちらも十分面白そう。
両方は財布が許さないので悩みどころです。
しかしバナーキャンペーンが昨日まで……無念。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://farsying.blog14.fc2.com/tb.php/1198-00cfd133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。