塵芥の風積地:BOOST5「シンクライアント」レビュー

日記書いたりPCゲームのレビュー書いたり。行く先は風の向くまま気の向くまま。
シンクライアント-BOOST5-2012年9月28日発売予定

主人公と、雫と、みんなの戦いの記録

FLATグループBOOST5処女作、
サスペンスノベル「シンクライアント」のレビューです。

体験版の感想はこちら

ネタバレ注意。

総合シナ 
 リオ
キャラムービー音楽演出シス 
 テム
63567656765


◆プレイ時間はたぶん総計10時間くらい。
プロローグ 3:20
本編 6:30
おまけ 10
予約特典 10
完全一本道。プロローグ後にタイトルへ戻されますが
その後も選択肢は存在せず。


インストール容量は2.51GB。
最近はこれくらいでも軽めに見えますね。

修正パッチがあります。あてておくと良いでしょう。
罪を抗いなさいは直らなかった。ボイスは難しいか。
誰か気付いてあげようよ。

ルートの制限は特になし。本編がプロローグ後に出現するので
ある意味ロックですが別に分岐ではないので。


■分野別評価

◆シナリオ 5
記憶を失った主人公が命のやり取りに巻き込まれているお話。

サスペンスノベル。確かにノベルでした。
全編通して選択肢がただひとつすらありません。
製品ページの内容からもしかすると一本道である可能性も
見立ててはいましたがエピローグ分岐すらなかったのは予想外。
中々思い切った判断と思います。

そうまでした本編ですが、風呂敷拡げた最後は丸投げという
シナリオ重視作品としてはあんまりな処理をされてしまい
どうにも好きになれません。
サスペンスものとして始まった筈が進むにつれ主人公の
人生譚みたいな色が出始め、ノベルと恋愛ADVの融合を
目指そうとしたのでしょうが、作品の方向性が曖昧で
エロゲにしては分岐すらないと実に半端。


お気に入りルートは無し。


◆キャラクター 6
アナザービューがあるため出番はそれなりに普遍的。

ヒロインだと思ったらルートがなかったりおまけ補完だけだったり、
正ヒロインにしても本編がいちゃつける状況じゃなかったりと
残念な部分もありますがサスペンスらしく総数や男キャラが多め。

主人公。簡単に言うとスーパーマン。状況判断力や身体能力は勿論
勘が良いのか運が良いのかとにかく主人公補正。いわゆるヒーローですか。
でもそも何故記憶失ったのか聞いてない気がする。


お気に入りキャラは特になし。
いかんせんキャラ個人を語るには描写不足感が。


◆絵 7
一枚絵が95枚。予約特典パッチで4枚追加。

予約特典ディスクが何故か同梱特典なのを考えると
全99枚で標準ボリュームでしょうか。

実質2ルートでこれだけですから使い方としては大盤振る舞い。
敵方男キャラの絵も多くサスペンスノベルとしてはかなり豪華。
エロゲとしてはそんな事よりヒロインに割いてくれと評価が分かれそう。

立ち絵。
全キャラ1ポーズ。出番多ければ腕差分が辛うじてあるかどうか。
距離は中のみ。表情は豊かな方ですが立ち絵演出は弱いとしか
言えないですね。そのためのCG散布かも知れません。
時折文章と食い違いあったのは何とか差分作って欲しかった。

背景。数えてませんがイメージとしては40以上。
行動範囲の広さはここ暫くの作品でかなり広い方。
イメージは横浜らしいですが私は行った事無いので
どれだけ似ているのかは不明。


◆ムービー 6
OPとEDムービー。

OPは基本的なキャラとCG紹介。
表示演出には拘ってるかな。ちょっと眩しい。

EDは謎の立方体無数が乱舞しながらスタッフロール。
最初に各キャラエピローグが見られる粋な表現。


◆音楽 5
BGMは26曲とOPインストが1曲。標準的なボリューム。

BGMに徹しているのかどうにも頭に残りにくい旋律。
もっと主張あっても良かったかな。


お気に入りの曲は
・BIRTHRIGHT
生得権。SFチックな曲。
培養槽とか似合いそう。


◆歌 6
OPとEDにそれぞれ1曲で全2曲。
ムービーごと鑑賞出来るためか音楽鑑賞モードに登録されない。

OP曲は何というか11eyesを思い出させますが意識してるのでしょうか。
ED曲は全てが終わった後の二人を表したようなバラード。
一度しか使われない曲はこういう調整が出来て良いですね。


◆声 7
サスペンスなので態度豹変とか瀕死とかある訳ですが
とても自然でよかったと思います。

美奈と雫は良い修羅場。


◆演出 6
章を分ける必要性について問い質したい。
2つならわざわざタイトルに戻す必要あったのかと。

立ち絵演出は上に書いた通り貧弱ですが、CGが割と挟まれたり
してカバーはしているのかも。
モノローグはノベル式のテキスト表示になったり
アナザービューも取り入れたりとシナリオ把握に関しては親切。

シナリオ中所々アイキャッチが入ります。


◆システム 5
体験版と特に変わらず。

取り立てるほど目立った機能も無く極めて一般的。
CG鑑賞の挙動が若干特殊だったりします。


◆総合 63、総括
即死選択肢が欲しかったなー。
どうにも主人公の運が良すぎて緊迫感が足りない。
選択肢ないって事は主人公死なない訳ですよ。
それでどうやって緊張感煽るのかと。
映画とかなら主人公が気付かない領域の描写などが
使えると思うのですがこれは基本一人称な訳でして。
とサスペンス含む活字媒体を読まない人間の言葉。



どうにも販促の仕方に意図的なものを感じずにはいられませんね。
こうしてプレイ後に見直すと何も間違ったことは書いてないのですが
キャラ紹介順など公式での扱い見るにルートあって欲しかった訳ですよ。
FLATグループに同人的な部分があるのは軒並みだと今後は
考慮に入れることにします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://farsying.blog14.fc2.com/tb.php/1209-70e01b89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック