塵芥の風積地:「しろのぴかぴかお星さま」体験版

日記書いたりPCゲームのレビュー書いたり。行く先は風の向くまま気の向くまま。
しろのぴかぴかお星さま応援中!
正しくわんこヒロイン。
期待値67




◆システム

解像度1024×576可変無段階
サイズ240MBセーブ数200+Q20+A20
確認メッセージ固定レジストリ不要
非アクティブ動作ログ一画面9行程
ログ保持取得ジャンプ機能なし
Qセーブありオートセーブあり
マスターVolなしムービーVolあり
音量テストありボイス音量一括+個別
システムボイスあり独自カーソルなし
キー割り当て固定クリック割当固定
備考
エンジンはMalieSystem。
コンフィグは3ページで色々分けられているものの
選択範囲としてはそんなに広くない様子。
確認ダイアログがQセーブロードに入ってきたり
マスターボリュームがなかったりと地味に辛い部分あり。

基本解像度は幅1024pxですが、枠をドラッグしたり
MalieCfg.exeを起動することで変更可能。
大きくしても乱れないので1280以上にしておけば
良いんじゃ無いでしょうか。

システムボイスはメインヒロイン4人単と
4人のランダムが設定可能。しかし割と頻繁に喋るかつ
再生箇所の選択が出来ないので鬱陶しくなる瞬間も。


◆デザイン
おとぎの国をイメージしたであろうデザイン。
あとLightのセリフ吹き出し。そしてテキストは縦書き。
バックログはコンフィグ画面と互換で行き来可能。
こちらは横書きテキスト。

テキストウィンドウは上記のように吹き出しと、
右側に出てくるモノローグ用。こちら背景に主人公の
シルエットがあるので、もしかしたら
アナザービューもあるかも知れませんね。


◆テキスト

30分ほど。
しろがやってきて主人公がそれを認めるまで。
割と頑固だったのに落ちる時はあっさりな主人公。

ヒロインの半分が殆ど出て来ないという中々判断に
繋げにくい体験版。雰囲気を掴もうにも主人公が
しろを認識してやっとこれからという部分で引かれたために、
どう頑張っても想像の域を出られそうにない。

しろやアウロラがどこまで人間なのかというのも
疑問点ではあります。


◆その他

◆BGM
おとぎの国だからかやたらテンション高い曲が多め。

◆立ち絵・一枚絵
ポーズ数はヒロインが3。他が2あったりなかったり。
設定上人外もわんさか。そして両親にも立ち絵があるレアもの。
距離は中とズームによる近。同時表示は頑張って4人。

◆背景
物質は兎も角人物はかなーりデフォルメ。
ある意味立ち絵の塗りと合っているので間違ってはいや無理。

◆ボイス
主人公もパートボイス。
今回の範囲では殆ど狼狽しているだけだったので
有用性に激しく疑問でしたが今後に期待。
木村あやかさんは個人的久し振り。

◆演出
light式漫画風演出進行。
そして無駄に熱い家族会議の説明。


◆終わりに
おとぎの国の存在がキーとなるのは間違いないのですが、
その伏線もヒロインの魅力も十分に表せているとは
言い難いような体験版。
キャッチコピーとジャンル名表示からして方向性は
分かるのですがもうちょっと見せて欲しいですかね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://farsying.blog14.fc2.com/tb.php/1266-0a7d7074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック