塵芥の風積地:「ラヴレッシブ」体験版1

日記書いたりPCゲームのレビュー書いたり。行く先は風の向くまま気の向くまま。
ラヴレッシブ
完全にプロローグ
期待値76




◆システム

解像度1024×576可変無段階
サイズ697MBセーブ数80+Q1
確認メッセージ固定レジストリ不要
非アクティブ動作ログ一画面4台詞
ログ保持取得ジャンプ機能なし
Qセーブありオートセーブなし
マスターVolありムービーVolなし
音量テストありボイス音量一括+個別
システムボイスなし独自カーソルなし
キー割り当て固定クリック割当固定
備考
エンジンは吉里吉里。
取り敢えずデバッグモードは閉じておいた方が良いでしょう。
開く方も開く方だけど。

コンフィグは実質2ページでかなり簡素な方。
解像度が1024px幅と一回り小さいですが一応変更可能。
ただグラフィックは兎も角UI周りはそれ用の素材が
入っている訳ではないようで若干ボケる様子。

テキスト表示のフェード時間が設定出来るのはちょっと面白い点。
テキスト表示時間の単位をもっと細かくしてくれた方が嬉しいとは言え。

ボイス音量は初期状態で涼とガルーダさんが大きい方に振られています。
そこで調整してくるとはなかなかトリッキーな采配ですね。
マスターボリュームは初期から最大。の割に全体的にボリュームが小さめ。
BGMその他はまだ余力があるためそっちで調節できるのですが不便。
そしてムービーボリュームは制御不能。マスター切っても鳴ります。

セーブロード画面はサムネクリックなどでは反応せず、
ちゃんと「セーブ」「ロード」ボタンをクリックする必要があり、
その上確認メッセージが必ず出るため誤爆はまずしないでしょう。
画面上にはQセーブスロットが表示されないですが、
タイトル画面でもショートカットキーが生きているので、
起動時にそこからQデータにアクセスは可能。
ただしタイトル画面でもセーブ機能が生きているため、
どちらかというと想定されてない機能かも知れない。
製品版では塞がれているかも。
ついでにコンフィグ開いてページ遷移した後は
いくつかのショートカットキーが動きます。
コンフィグ開いたままスキップやオートモードが可能!
音量やオート速度調節のお供にどうぞ。

ジャンプ機能無し。だけならまだしもスキップでも
一部のアニメーション風部分が飛ばされないため、
そんなに早くない。周回は手間取るかも知れませんね。


色々目につく所はあるものの、基本機能は備えています。
売り機能っぽいツブヤッキーは今回非動作。


◆デザイン
基本的にオレンジ色ベースの光みたいなひし形やハート、
パンダっぽい模様を散りばめたものとなっています。
薄いためそんなに五月蠅く感じないですが、濃度設定は欲しかったかも。
左側に隙間はあるもののフェイス表示は無し。
右側に機能ボタンゾーンがあるため調整でしょう。
ネームタグがあるものの、おしゃれ感か何か知りませんが
名前の文字上下で色を変えているため見辛い。
そしてキャラ毎に基本色を変えてくるためやたら目立つ。
正直上側の色だけで良いです何とかなりませんか。
そしてボイスリピートボタン無し。バックログにも
現在表示中のテキストは出ないため何故か今表示されている
テキストだけ聞き直せないという一番欲しい気がする点抜けてたり。


◆テキスト

1時間と40分ほど。長め。
ゲーム時間本開始の1年前でヒロインとの出会いなど。
どこか同じライターさんの話でヒロインとの出会いだけ
書いて本当にすぐ1年スキップしたことがありましたが、
今回はある程度補完してくれるみたいです。
とはいえ各季節をダイジェストで~なんてことはなく
4月の10日間くらい。

こういった最初からヒロインの好感度が高い作品で
主人公に惚れるような部分を演出しておくというのは
良いことですね。こうなると飛んだ空白に何があったのか
気になってくるのも問題ではあるのですが。

といいますか見ててよく1年近くもあんな状態のまま過ごせたな
というのが感想です。仔虎が4人公平に動くという条件を
呑むようには見えませんでしたし。何が起きたら
あの形で落ち着くのかが私としては非常に気になります。

とはいえこの体験版、ヒロインが主人公に好意を持つまでが
それとなく描かれているため、本作のテーマ、
「積極的な女の子との恋愛を楽しむ」土台作りとして十分。
テーマ追求型の作品は脇目をあまり気にしない方が幸せになれるのです。


◆ヒロイン雑感
・結月仔虎
自称嫁。そしてそのように振る舞う。しかし扱い的には猫。
主人公争奪戦という物に参加することに何故至ったかは謎。
・音無=Ophilia=玲緒
反応が素直で大変眩しい。それとなく顔芸役。
・鷹羽涼
思考が独特なので一番暴走してくれそう。
特技はタクシー召還。
・竹澄真桜
ちっこいけどしっかり者先輩。ちっこいけど。


◆その他

◆BGM
今のところ当たり障りのない範囲で停滞中。

◆立ち絵・一枚絵
ポーズ数はヒロインが2。他が2あるかどうかでしょうか。
ポーズは多いと言えないですが、跳ねたり動いたり、
基本的に多人数+全員枠に入れることを諦めて
カメラワークで頑張る方式だったりで、動きが少ないとは感じない。
距離は中と近とズーム。ズーム多様のため距離感はあまりないかも。

◆背景
力入っている方。
学園の廊下とか教室とかは何とも言えない感じしますが、
基本綺麗。

◆ボイス
アルティメットな鳥の人がやたら渋い。
存在にはツッコんじゃいけないのでしょうか。


◆終わりに
製品ページのコンセプト読んで、この体験版やってみれば
合うかどうかは割とはっきり出るのではないかと思います。
ただ合うとしても売り部分があまり入っていないので、
どうにもインパクトには欠けるように感じるのが惜しいですね。
体験版2もあると思いますのでそちらに入らないか期待掛けてみましょう。
わざわざアイキャッチのボイスを体験版用に録ったりと
手をかけた割に内容はただのプロローグ部分のみと惜しいことです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://farsying.blog14.fc2.com/tb.php/1313-f1338531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック