塵芥の風積地:レビューについて

日記書いたりPCゲームのレビュー書いたり。行く先は風の向くまま気の向くまま。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここに、レビューの基準とか書いていこうと思います。最終更新:2013/02/10
レビューしたものリストはこちら

まず、一応気をつけているつもりですが、
どのページもネタバレは多少含んでいると思います。
なるべく少なくなるよう心がけてはいるので
単なる答え合わせとして○○が●●とか羅列したりはしませんが、
そういった事に対する感想なんか書いたりするときには出てきます。

次に理念。
あくまで主観評価です。色々考えた結果
個人で客観評価なんて出来る程私は出来た人間では無いので、
自分は感じたことそのまま書いて判断は読んで下さった方に
任せようという丸投げに至りました。
楽しかったものはべた褒め、つまらなかった作品は
叩き成分多めになることは違いないと思いますが。
なるべく良かった点を探していきたいと考えています。
とはいえ、思っているだけで実践出来ていない事も多々。


そして評価場所。
◆シナリオ
設定、シナリオからテキストまで、文章全般について。

ネタバレの関係上個別ルートに言及することは難しいので、
作品全体の主張についてどう感じたかや設定上気になった点などを。

◆キャラクター
キャラに一貫性があるか。または気に入ったか。
ついでにキャラデザ、声優との調和、固有シナリオなどの要素も。

最近この項目の意義に疑問を覚え始めましたが、
ヒロインや主人公の性格、キャラ毎の登場頻度など。
いっそキャラ紹介風にしてしまおうか。

◆絵
一枚絵、立ち絵、カットインやSD画、背景など
タイトル画面やテキストウィンドウ、コンフィグ画面などは演出・システム面。

ざっくり枚数や差分など数えたり、あって欲しい場所に
きちんと割り当てられていたかなど。
原画については好みの個人差が大きいことやOHPで
ある程度確認できることもありあっさり。

◆ムービー
OPやEDムービーの好み。
スクリプトによるスタッフロールなどは基本除外。

無駄にアニメぬるぬるとかより曲と映像がマッチしている事、
プレイ前後で印象が変わるようなムービーだと好みです。

◆音楽
BGMの量、バランス、好み。気になるところがあればSEも。

数見たりヒロインなど固有曲探したり、
場面に適していたか思い返したり。

◆歌
ボーカル曲の好み。歌い手、作編曲や使用場面など。

ムービーにあっているかでは無く曲単体で聴いての印象。
勿論作品に沿っていることが望まれます。

◆声
個人的声優の好みや録音品質。演技についてはあまり。

ボイスをあまり聞かない人で済みません。
飛ばさず聞きたくなるようなことが多いほど高評価。

◆演出
画面効果、立ち絵制御などについての評価点。
時が経つにつれて最低要求ランクが引き上げられやすい。

作品というかブランド毎の個性が出てきやすいところ。
作品への没入感が高められているか、キャラの魅力を
ブーストできているか、などが観点。
見るからに実装が面倒そうなものに関しては
努力点をあげたくなることもしばしば。

◆システム
使用エンジン、ユーザビリティなど。
◆◆ほぼ必須機能や起動してまずやること
文字速度ノーウェイトor一つ前
BGM:SE:voice=6:7:8くらい
非アクティブで動作
同じEDはスキップ可
次の選択肢へ進むor選択肢を挟んでもスキップ継続
クリックによる画面演出のスキップ
◆◆あると嬉しい
Qセーブ&ロード。確認メッセージのないやつ。もしくはバックジャンプ
ムービーの音量調節。またはマスターボリューム
オリジナルカーソル。地味に嬉しい。ただし差す位置が分かりやすいのをお願いします
自分で弄れるショートカットキー
無駄に多いセーブ数。ゲーム内時間毎朝保存で全ルート分くらい
BGMタイトル表示。聴いてタイトル出て来ないのってもどかしくありません?
◆◆派閥
ボイス時のBGM音量ダウン無効
クリック時のボイスカット有
画面演出速度はそのまま。上記の通り飛ばしたがるけど
オート関連は使わない。使うならボイス再生終了前に読み進めが欲しい
右クリックはメニュー、枠消しはスペースキーがいいな
クライマックスで稀によくある強制AUTOモードはない方が良い
◆◆いまでもあるの?
マウスホイールによるテキスト送り不可
スキップがctrlキーによるスイッチ切り替え
コンフィグで右クリックするとキャンセル
全スキップ設定じゃないとCtrlで未読スキップできない

ユーザビリティ。便利な言葉ですね。
そんな人によってまちまちなものを私視点で評価。
ただ他社と比較してしまうことが多いため、
これも時代と共に基準が動いてしまうのが難点。
でも進歩の無いシステムはもっと嫌ですよね。

◆総合
直感。クリア直後もしくは一晩明けて(ここ重要)
どれだけ面白い・買って良かったと思えたか。

ここでは総まとめと取り敢えず言っておきたいことなんかを。


……となっています。
総合は100点、他は10点満点での評価になります。
分野別では基本5点、そこから自分の嗜好と感性で上下させます。
総合点の算出はピーク・エンドの法則に基づいている、筈。
因みに現在までの平均点は68点のようです。

参考までに、おおよそ点数毎の評価はこちら。
90~ 思い出・信仰またはプレイしたタイミングなど補正必須
80~ 買って良かったと素直に感じられた作品。次回作は無条件で予約購入
75~ 予想を超えて光る部分も見られたものの、後一歩
66~ 無難な作品。上なら期待通り。下に行く程「まぁ、こんなものかな」
60~ 感情・論理問わず、どうしても納得のいかない部分がある作品
50~ 少し頭冷やそうか。お互いに
~49 地雷踏んだりしたんじゃないかな


プレイ時間は自分の所要時間を書いていますが、
自分はテキストを理解したらすぐ次に進むので、
ボイスや演出はかなり飛ばした場合での時間となっています。


また、レビュー自体プレイ後の勢いだけで書くことが稀によくあるので、
今見直すと考えが変わっていたりしているのも少なくありませんが、
まあそれもひとつのかたちと言うことでそのまま残していく方針です。

とここまで色々書いてみましたが、
これは単なる一個人の感想です。
ということだけ踏まえて読んで頂ければ幸い。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://farsying.blog14.fc2.com/tb.php/148-2466955b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。