塵芥の風積地:ruf「ユメミルクスリ」レビュー

日記書いたりPCゲームのレビュー書いたり。行く先は風の向くまま気の向くまま。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロミオが全部書いてくれ。

さて、rufさんから発売されました
「ユメミルクスリ」レビューです。

今回かなり脱線が多いです。

ネタバレ注意

まず始めに、この作品のルートは3つ。
白木あえかのBullying.
桐宮弥津紀のInterpersonal.
ケットシー・ねこ子のDrug.
の3本立てでお送りされています。

主人公はどこにでも居そうだけど実際居ないだろう普通な人。
両親いなくて今は養子となってるわけですね。
で、唐突に列車の走る幻聴が聞こえる奇病持ち。
アレ?明らかに普通じゃないな。
いや、適当に授業聴いて、適当に勉強して、適当にバイトして、適当に過ごす、
何の目的もなくただ敷かれたレールの上の人生走ってる普通の人ですよええ。

さてプレイ時間。
総計で9時間ちょい。
共通初見 2:30
ねこ子 1:50
あえか 2:30(共通部に30分ほど)
弥津紀 2:20(共通部に20分ほど)
まあ共通と個別が半々くらいで
キャラ別の分量も大体同じってことですかね。
ロープライスなのに一つ前やったフルプライスより長いな。
これも本来フルプライスでしたね。

インストール容量は772MB。
ちっさいですね。

■ルート別感想
相当適当言ってますので読む必要性皆無。


・ねこ子
始めに書いた通りクスリが題材です。
クスリきめてハイなねこ子さんが妖精郷に帰るお手伝いをするお話です。
その昼の顔は主人公に負けず劣らず色のない図書委員の女の子。
普通なら確実にモブだね。
そんな子が自分を変えるために始めたクスリだそーな。
言えることは、よく今まで捕まらなかったね。の一言。
あんな服装で倉庫荒らしやヤクザ屋さんに喧嘩振ったりスタンロッド普通に振り回したり
そんなの日常からやってて何故なのか。
で捕まった後の公安さんの対応だが結局検挙しなかったのかな?
麻薬常習者を。わからない。
でもそうしたおかげで晴れてねこ子さんはリハビリを終え、
何か凄いことしでかしたわけですね。
ふとした疑問にアイデア採用されてそこまで持ち上げられるものなのかと。
おっとクスリについて全然書いてない。
シナリオ全体を通してクスリが駄目とかそういうメッセージは希薄だった。
勿論常識的には批判的だったけれど、その書かれ方が、
それこそそのおかげで主人公に出会えたり両親とわかり合えたとも受け取れてしまうわけで、
まあ何とも言えないわけです。
それどころかクスリについての言及がそれほど多くもなかったこともあり、
個人的には「クスリ」の話ではなく、
「クスリをキーワードにしたエロゲ」として映りました。
それはそれで当然なんでしょうが。

・あえか
一番きっついと聞いていたあえかシナリオ。
取り敢えずこんな名前付けてやるなよ。
このルートは「いじめ」が題材ですね。
いじめっ子に目を付けられたらたちまち離れていく知り合い達。
いじめは傍観者も同罪だとか、
いじめられる方にも問題があるだとか、
そんな感じのどこかで見たような言葉が出てきます。
しかしこの場合もライターさんは中立であせられる。
やられる側、あえかさんのあの精神構造。
天然なんて言葉じゃ説明しきれないよね。
それに何だよこの空間は。
周りは見てるだけかと思いきや嬉々として交ざってるじゃないか。
それに担任。お前は屑。
教員ってのは勉強を教えるだけじゃ駄目なんだよ。
それは塾や家庭教師の役目だ。
所詮数年しか教えないんだから自分の受け持ちだけ教えるようじゃ駄目だ。
是非その後を見据えた教育をして頂きたい。
そのためには何よりフランクに。
嘗められるから嫌とか言ってんじゃねえ。
親の次に長い時間を過ごすお前こそが正してやれ。
親がモンペだったらどうしよう。
人間堕ちるのだけは早いからなぁ。
何で同じ時間で戻って来られないんだろうか。
確かに教諭生命かけて他人の指導出来る人は少ないかも知れない。
それでも初志は決して忘れずに。
おっと何でこんなことに。いじめだよいじめ。
主導者はゴミ、煽りも埃、それてあえかを元から異質なほど綺麗に書いたライターもライターだ。
あれじゃそれこそ苛められる奴のもつ理由ってやつですよ?

・弥津紀
Interpersonal、対人関係とありますが将来、とか未来、の方が良いんじゃないかな。
能力はあるけどただそれだけな人の刹那主義を書いてます。
彼女は未来のヴィジョンが見えないと言った。
だがそれは生徒会の仕事を投げる理由になるのか。
つまらないものはしたくないと言う事か。
できる能力があるからって、それが好きかどうかは別問題。
そんな事も言った。
全く、どうして望まれた人に天賦がないのか。
生まれる時にはそんな事考えないからだよな。
では好き嫌いとは何を以て形成されるのか。
それは物心つくまでにどれだけ馴染みがあったか?
どのような感性の育て方をしたか?
つまりは環境だ。
翻って未来が想像出来ないとは何なのか。
別に日が落ちたらそれまでの記憶を失うわけでもない、普通の人間。
そんな人間が寝て目覚めた自分を想像出来ないとは何なのか。
それも妊娠して悟る程度のものだ。
そういえば弥津紀は死生観が特殊だった。
いつでも彼女は「死」を身近に感じていた。
だからこそその時を楽しみで埋めようとしていた。
今を生き急ぐあまりに未来が見えていなかったのならば
身籠もることで「生」を感じられるようになって、
その先に思いを馳せられるようになっても不思議ではない。
そう、始まりは死生観。
そればっかりは考えようがない。
フィクションの限界だ。
話を戻すと、
ラストの修羅場を書いて下さい。面倒になったの?


■分野別評価

・シナリオ 6
ロミオよなぜ企画だけなんだ。
貴方が書ききってくれればもっと地獄が見られただろうに。
これは鬱ゲーに見せかけた何か別物だ。
単に期待していた鬱じゃなかっただけかも知れない。


・キャラクター NEW! 8
実に個性的な面々です。
学校での男友達がただの顔見知り程度でそういう
話し相手はバイト先の先輩ってのが珍しいかな。
でもゲイ設定は必要だったのかな?
あったからエロゲイの異名が栄えたのかも知れないが。
そして妹が良い子過ぎて泣ける。
ああこの時代は皆が20歳以上なんですね。


・絵 6
はいむらきよたかさん。
独特な絵ですね。
それこそ小説の挿絵みたいな?寧ろ本職だそうで。
塗りの淡さの所為かな?
でもまあところどころ違和感バリバリ。


・ムービー 5
担当は静かなる中条さん。
頑張ろうとしたことは伝わってきた。


・音楽 6
Funczion SOUNDSさん。
題材的に暗い。全体的に重い。
雰囲気の出し方は上手。でも数少ない。
絶対数が少ない時はあるシーン専用の作るより汎用増やす方が良いと思うんだ。


・歌 7
主題歌 Marica/せかいにさよなら
一曲のみ。
Funczion SOUNDSですよねサビのリフレインが全てと言っても過言ではない。


・声 7
茶谷やすらさん久しぶりに聞いたな。


・演出 6
SEにそれとなく拘っているようです。


・システム 4
05年当時としては頑張ってるんじゃないでしょうか。
Qセーブあるし、専用カーソルあるし。
でも非アクティブで動かないのはマイナスかな。
それからアクティブに戻すとセンターにカーソル飛ぶのも迷惑。
そしてなによりテキストウィンドウが明るくてテキストが読み辛かった

・総合 63、総括
ロープライスなのを考えればまあ頑張ったんじゃあないでしょうか。
ん、でもフルプライスだったのか。じゃあ低い。
結局あのメー○ルだけは何だったか分からなかったなぁ。
実際シナリオはつまらなかったんですが、
サブキャラ、というか家族とエロゲイがとってもいいキャラしてた。
その分が結構ある。
だから声を大にして言いたい。

妹攻略させろ

コメント
この記事へのコメント
ゲンガーのはいむらー氏はメインの仕事が小説の挿絵で例を上げると、とある魔術の禁書目録のイラスト書いてる人ですよ
2010/06/06(日) 03:49 | URL | #-[ 編集]
はい初コメント頂きました。
ありがとうございます。

成程本当にそっちの人でしたか。
ええ、納得しました。

拙いレビューですが読んで頂きありがとうございます。
2010/06/06(日) 13:29 | URL | ファシング #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://farsying.blog14.fc2.com/tb.php/160-1c89f96c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。