塵芥の風積地:HHG体験版2

日記書いたりPCゲームのレビュー書いたり。行く先は風の向くまま気の向くまま。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hyper→Highspeed→Genius
どっちつかずで終わりそうな。
各学園編
期待値65

システム

その1と変化なし。
カーソルがよく消えるのはいつか治るのでしょうか。

テキスト

どうやら序盤でどの学園に着くか選択して展開が大きく変わるタイプのようで。
全体的にギフト検索が都合よく行き過ぎじゃないでしょうか。
その素晴らしい自然言語処理アルゴリズムを教えてくれないか。
あと主人公がとても小物っぽい印象。
いや、実際選択肢があることやその結果からして、
向いてないキャラをあえて持ってきたのだろう事は分かりますが。
もうちょっと「野望のためならなんだってやるぜ!」感が欲しいかも。

その他

やっぱり時間がヒュンヒュン過ぎていく。
ダイジェスト版と銘打っていますから製品版ではもっと密度があるのでしょうが。

この主人公で、こんな思い切った分岐作るなら、各情報の現取得状況を
いつでも確認できるようにしたらよかったのではと思うのですけれど。


これは主人公をニヤニヤ観察するゲームですね。きっとそうだ。
色々実験的であることは間違いないですが、その分目新しさがあるということなので、
上手く締められれば新ジャンル開拓にもなるのかも知れませんが、
発表時の一言紹介とルート数10という状況には不安が残ります。
流石にでにけりのようにはならないでしょうが……。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://farsying.blog14.fc2.com/tb.php/573-7c1f4b16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。