塵芥の風積地:下旬ですよ

日記書いたりPCゲームのレビュー書いたり。行く先は風の向くまま気の向くまま。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Vitaグッズ3点
左から順にEVAポーチVCYBER・プロテクトケース
ピタ貼り for PlayStation®Vita マットタイプです。
ゲームテック、サイバーガジェット、ホリと完全にブランドの拘り無し。
ピタ貼りの方は今日街に出たのでソフマップ眺めてたら見つけたんですが、
Vita本体は普通に余らせてる感じでしたね。どっちのバージョンも。
あとメモリーカード32Gも8500円くらいで普通に販売。
まあ実店舗ならそんなものでしょうか。
それぞれファーストインプレッションを一応下に書いときます。

輪るピングドラム トリプルH
そしてピングドラムのキャラソン。
10曲3000円ってちょっと割高感だなぁと届いてから思う。
まあ色々面白い曲があった筈なので良し。



あてゅ・わぁくす、活動休止
お疲れ様でした。
休止なら再開すること……あるかなぁ。

Alcotハニカム、新作「1/2 summer」ページ公開
フルプライスでヒロインは……4人、かな?
好きな色って何やねん。というか赤系統多っ。
で、ワンサイドの意図がさっぱり。
んーまあともあれ4月くらいですか。様子見。
chromeだとstoryだけ枠がずれるよKさん。


雑誌の発売日だしもっとあるかなと思ったけれど
そんなに守備範囲に入ってこなかった。
あまり正念入れて探してないのもあるんですけれど。

さって以下はVita周辺機器使用数分レポート。
アレこの記事こっちメインじゃね?みたいな感じになった。




・プロテクトケース
見た目はプラスチック、でもポリカーボネートなら間違ってないか。
触ってみれば何となく分かるでしょうが結構頑丈そうです。
同じ面は一度限り、スティックが下向かないことを祈る、を踏まえれば
結構な落下でも耐えられそうな雰囲気。少なくとも外傷は。
コレ付けたままでもほとんどの端子が使用、開閉可能。
唯一出来ないVitaメモカスロットも下の部分だけカバー空けられる
様になってる上、そのまま反らせて簡易スタンドになったりする。
このとき物理的に充電が出来ないのですが、ちょっとの間動画観る
とかなら十分可能かと。

さて悪い点。Vita持ってる人は何となく分かるでしょうが、こんなカバー
付けてると、PSボタンやSTRAT、SELECTボタンがさらに押し辛くなります。
ついでに電源、音量も。まあコレはどちらかというとVita側の問題点の様な気が。
他にもLRトリガーの手前側がちょっと盛られるので、トリガーの押し込む
感覚が変わるかも。奥側には指置き場みたいな窪みが作ってありますが、
正直小さい。単なる凹み。
本体に合わせたケースの整形は完璧。……と言いたいところですが、
ディスプレイ部分だけはちょっと上にずれてるかな。下側の
二角は角度によって隠れちゃう。ほんのちょっとですけど。
ただ他のボタン周りやスピーカーに合わせた切り抜きはドンぴしゃなので
結構頑張っている感じはする。
後は好みですが、SIMカードスロットは別に塞いじゃっても良かった
のではないかなと。そんなに頻繁に差し替えする状況があるんですかね。

・ポーチ
硬め、軽め、耐衝撃(らしい)。
ファスナーも丁度良い硬さで、動かしやすいけど
勝手に開いたりはしない丁度良い当たり。
内側にポケット付きでクリーニングクロスや、カード入れ兼
スクリーン保護にもなっている(らしい)。
コレは評価が分かれますが、プロテクトケース付きのVitaでサイズ丁度。
なしだと中でちょっと動くかな。私はケース付きで入るものが
欲しかったのでよい点です。公式対応はゲームテック製のケースだけですが、
まあサイズ的には大体他ブランドのでも対応してると思いますよ。
あと、ゲームテックの表示が目立たないのは嬉しい。が、それで良いのか。

悪い点。中にカード入れ有りますが、布当てて縫っただけみたいな雑さで
コレでしっかりキープしてくれるのかは謎。Vitaゲームカードは持っていないし
メモリーカードは試す気にもならない感じ。
もう一つの点は、EVA素材の宿命とでも言いましょうか。臭う。
コレはこの素材を使う以上仕方のない事ではあるでしょうが、
落ち着くまでしばらく使いたくないですかね。でも多分
ここのだけで無く他ブランドのものもEVA樹脂使ってるやつは臭い有る筈。

・ディスプレイシート
指紋つかない。全然つかない。それはもうつきにくい。
普通に触る分には、という意味でつけようと思えばつけられます。
あと割と貼りやすい。一応売りですし。
吸着力も結構あって張り直し回数も気にせず大丈夫。
手触り変更。本体はつるつる感ですがこれはさらさら方面。
私はこちらの方が面白いと思う。
シートサイズは本体よりちょっと小さめ。ボタンの位置取りは
綺麗に出来ているので、見栄え良く貼ることは可能。
後、プレイステーションライセンス持ち商品。SCEの審査を
通ってるのは大きいかもしれませんね。

悪い点。マットでノングレア加工をかなりやっているので、
映り込みがあっても輪郭も分からないレベルまでなっているのですが、
反面ディスプレイからの透過も結構妥協している感じがします。
粒状感とでも言いますか、何か違和感がありますね。
しかしこの程度なら気にならない人もいると思いますし、起動前に貼って
こういうものだと思ってしまうという解もアリです。

後は、付属クロスがあまり良いものではないとか、
私はこの貼り方逆に無理とかそんな感じです。
ピタ貼り難しすぎて困る。張り直し出来るので私はガイド無し
気合で位置合わせました。結果綺麗に出来たのだから言う事無し。


いやぁしかしこの指紋のつかなさはかなりの感動値でした。凄い。
これで見え方さえ問題なければオススメ間違い無しなのですが。
ともあれ今まで貼っていたのは何だったのかと。指紋軽減はちゃんと
見ておけと言うことですね。剥がした製品は公式に感想でも投げて
おきましょうか。他にも言いたいことはあるし。

こうしてVita周りのものを着々と集めてきてますが、肝心の
ゲームソフト買ってないのよね。何か発表されないかな。
チョロQ4お願いタカラとタムソフトさん。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://farsying.blog14.fc2.com/tb.php/843-81c25fe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。