塵芥の風積地:WHITESOFT「猫撫ディストーションExodus」レビュー

日記書いたりPCゲームのレビュー書いたり。行く先は風の向くまま気の向くまま。
WHITESOFT『猫撫ディストーションExodus』応援中!

なぁ、モバゲーってあんじゃん?基本料無料だからいいよねー。
あっ、そういえば猫撫ディストーションっていうのも体験版は無料なんだって!

WHITESOFT4作目、猫撫ディストーションのFDか続編か、
続・揺らがないADV「猫撫ディストーションExodus」のレビューです。

本編の感想はこちら

ネタバレ注意。

総合シナ 
 リオ
キャラムービー音楽演出シス 
 テム
94876767776



プレイ時間はたぶん総計10時間半くらい。
柚 50
結衣 1:20
式子 2:00
ギズモ 1:10
琴子 1:00
Exodus 4:00
本編と同程度か若干長い程度のボリューム。
式子さんが今回もぶっちぎりで長いのは予想外でしたけれど、
これがキャラに役割が与えられる物語の仕様というか何というか。
やれば納得できるだけのものはあると思います。
ただ柚はやっぱり不憫な子イメージが拭えませんか。


インストール容量は2.01GB。
うち半分がボイスという一体どんな圧縮技術を
用いているのか。取り敢えず軽めです。


修正パッチは03/21現在無し。

ルート制限も特になし。ですがExodusシナリオは
オムニバスシナリオ終わらせてからの方が良いかな?
そっち内での順番はお好きな順で問題ないと思われます。


■分野別評価

・シナリオ 8
この作品の核となる部分ですが、正直なんと言って
説明すれば良いのか。

Exodusは本編全体としての続きとまとめ。表現としては
易しくなっている気もしますが、内容が深くなっているので
結局トントンかよりディストーション。
オムニバスシナリオは、本編の各ヒロイン毎のルートを
踏まえた上でのお話。アフターとは一概に言えないでしょう。

あと本編と内容バリバリ絡めてきますので、本編の内容を
思い出しておくことは必須です。何というかこれは
後付けで書けるようなモノではないですよね多分。
最初から大部分骨組み用意してあって、まず本編分出して、
反応観た感じいけそうだと判断したから今回出し切って
みましたテヘッ。みたいな印象を受けます。
それが今回は良い方向に作用しているのかな、と。
本編はあれはあれで完結している訳ですし、
今回も本編をかなり巧みに扱えていることですし。

個人的な感想としては、私の常日頃の悩みについて言及されている
箇所があって、プロの言葉で表現して頂いて感動すると同時に
難儀な世の中だと思いました。


・キャラクター 7
皆さんほぼお変わりなく、追加キャラもほとんど無く、
閉じた世界を邁進しております。
変わりなくと言ってもメイド服着込んだりといった樹に選ばれた
事による変化というかいちゃつきぶりは本編より感じられる
のではないでしょうか。

今回シナリオの構成上キャラの出番が集中的になりやすかったのが
難しいところかも知れませんね。基本骨子は「家族」なので
七枷ファミリーはそんなに酷いことにはならないですが、
やっぱり柚は弱い、かなぁ。名字も謎のまま。
樹くんにとって必要ないんでしょうな。


・絵 6
一枚絵が新規75枚+続投9枚の全84枚。SD絵は無し。

フルプライスにしては少ない部類ではあるでしょう。
3人体制ですしもうちょっとあっても良かったかなとは思います。
今回も複数原画家が入り乱れるようなイベント絵は無し。
残念ではありますがやっぱり琴子が浮いちゃうのかなぁ。

立ち絵。
新規ポーズとか表情は無かったような。
結衣と柚にはメイド服ですね。他はお察し。

背景。
裏庭って新規でしたっけ。


・ムービー 7
相変わらず情報過多な表現と割と頻繁に出てくる
意味深長な台詞の数々。

歌詞との関わりは正確には謎ですが曲調とは
綺麗にリンクしていますね。


・音楽 6
BGMは追加が2,3曲。
何故曖昧かというとサントラも音楽鑑賞モードすらも
無いのでもしかしたら未だあったかも分かんない。
内2曲は試聴版がアップされています。
使う回数的に視聴させて良かったのか疑問ではありますが、
基本的に本編では無かった戦闘色の曲ですね。

こんなに少ないなら特典のボーカルCDに入れてくれたら
良かったのに、とか思わないでもないです。


・歌 7
OPとEDの2曲。
桐島愛里さん歌う「IN MY WORLD」と
島みやえい子さんの「リピカ」です。

桐島愛里さんてどなたかと思ったら、
Larval Stage Planningの一人でしたか。
流石にOuterさんと比べると重みが足りないですが
これからでしょう多分。

リピカの意味は世界を記録する者とかそんな感じ。
Exodusの締めに相応しく(?)民族的な曲調です。
何でか知らないけど聞いたら背筋が震える。音楽怖い。


・声 7 
佐藤しずくさんは猫からほぼ人間まで凄いですねー。
今回は琴子や結衣もギャップ的な瞬間あったりと
面白いことになってます。


・演出 7
ざっくり言うと公式HPにある通り
後は立ち絵で動きを作り出すことが非常に多いですね。
ともすれば鬱陶しいくらいですが、中々賑やか。
しかし一度に6人表示するときは凄いことになってました。
ここは発言者が最前面に来る方針みたいなので入れ替わり
が激しくここはもうちょっと立ち位置を考えても
良かったんじゃ無いかなと。

因みにオムニバスシナリオは終わるとき曲もスタッフロールも無く
暗転後即タイトル戻しという飛ばし具合。


・システム 6
基本は本編から変化無し、のような。
とはいえコンフィグも機能面も中々多機能です。
既に選んだ事のある選択肢が分かったり、
ショートカットキーをある程度弄れたり、
セーブデータフォルダ作成場所が自由に選べたり。
そしてキャラ毎によるテキスト表現は、文字色では無く
ウィンドウ色が変わるのが特徴です。

しかし音楽鑑賞モードが無いのは痛いですね。
CGと回想はあるのに。

あとバックログの保存量が割と少なめ。ちょっと
気になることあったときにはもう消えているというもどかしさ。


・総合 94、総括
という訳で、アル、キメ、デスマーチ~~♪
猫撫ディストーションExodusでした。

基本的に本編と同様絵のボリューム面が弱めで、
FDらしく(?)追加BGMも少なめで、シナリオが
凄く尖っているという受ける層が難しい作品ではありますが、
大テーマは「家族」、次いで「幸せ」辺りですから、
小難しい話に付き合う気概があれば楽しめると思います。
一応理解して貰おうとする努力の片鱗は感じられますし。

色々つついたりしてみましたが、実際私の感想としては
欠点らしい欠点の無い作品。音楽鑑賞モード未実装を除く。
ですね。そんな細かいこと気にならなーいみたいな力が
このお話にはあると思いますよ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://farsying.blog14.fc2.com/tb.php/962-d4db8ef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック