塵芥の風積地:この大空に、翼をひろげて体験版

日記書いたりPCゲームのレビュー書いたり。行く先は風の向くまま気の向くまま。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― イメージイラストVer
力入れているんだなぁというのは凄く伝わってきます
期待値73

本編のレビューはこちら。ネタバレ注意。ネタバレ注意。





システム

解像度1280×720可変無段階
サイズ1.44GBセーブ数100+Q5+A5
確認メッセージ一括選択レジストリ必要
非アクティブ動作ログ一画面19
ログ保持クリアジャンプ機能なし
Qセーブありオートセーブ選択肢+α
マスターVolありムービーVolあり
音量テストなしボイス音量一括+個別
システムボイスあり※1独自カーソルなし
キー割り当て固定クリック割当固定※2
備考※1. 女性キャラは単独あり、全キャラでランダムも
※2. マウスジェスチャ設定可能
エンジンはPULLTOPの新型? 初めて見ます。
とはいえ使い勝手がそんな変わっているわけでは無く、
前作から解像度アップとジェスチャ機能追加が基本ですかね。
あとつまみスライダーの段階がかなり増えた感。
ただ、小さくて調節が難しい。イライラ棒か。

コンフィグは充実という気はしないものの
一通り揃ってるでしょうか。
テキストウィンドウのデザインが2パターンあるのは健在。

面白い機能として、ボイス再生中にバックログ表示させると
ボイスが止まりますが、ログから戻ると途中からボイス再生
再開するんですね。面白い。けれど止めずに垂れ流しで良いと思う派。

CPU負荷が常に若干高め。しかしメモリは小食。
スキップでも負荷演出の読込カットとかしてくれないので
スキップの速度は結果的に遅め。
前後選択肢ジャンプ機能無しが響きそう。

全体的にフォント小さい。テキストウィンドウ自体下に
追いやられている印象が強く、読み辛さがあります。
ルビはもう読ませる気無いと思う。


テキスト

4時間程。超長いプロローグ。
しかし双子の出番がほとんど無い不思議。
一体どうしたことでしょう。つまりまだ共通ルートが続くわけで。
ここからルート早期確定の流れなのでしょうか。

作品の雰囲気と言うかノリは前作の神侵と共通する部分が多そう。
基本部室に篭もってる上にグライダー制作なんてしてるだけに
時間の流れが早めなので、話に中々メリハリが付きにくいというか、
グライダーに掛ける情熱が伝わってき難いというか。
いまいち興味を持ってから本気になるまでの過程が分かんなかったですね。
あと動力乗っけない理由も。

キャラは中々面白くなりそうな面々。
双子は出番なさ過ぎて今一分かりかねますが
他のヒロインはほぼ常に登場と部活の強みを
生かしています。ただ寮生活が地味かなー
……と思いましたがOHP見ると双子が来るようですね。


その他

BGM。
空のイメージは中々難しいようで。
今回は余り統一感でなさそうかな?
あと練習中のBGMは悪いイメージ出て違和感。

立ち絵。
ヒロインはポーズ3あるくらいで腕差分もあったり無かったり。
あとは出番多めのキャラに腕差分あるかどうか。

背景。
かなり頑張ってますね。
気になるのは寮の窓に映っているのが常に青空な事くらい。

演出。
多分一番アピールしたいところだと思われます。
従来のフェイスウィンドウ何かに加えて
今回アニメーション効果を所々に導入。



随分手間掛かってるなぁと言うのは分かります。
ただそれでグライダーがアニメしてもですね、
うわーアニメ演出だー位にしか思わない訳です。
天才が組んだグライダーなら飛んで当然なのですよ。
この作品の重点が空を飛ぶという事ならグライダーの
描写が足りず、キャラクターならアニメの意図が不明瞭。
何だかちぐはぐ感が否めません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://farsying.blog14.fc2.com/tb.php/982-662c5c79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。